カップル

ガリガリすぎて気持ち悪がられる…
痩せすぎて体力がなく何も楽しめない…

痩せすぎたせいで体力がなく、何をしても楽しくないし、興味が持てないし、生きるのがしんどい…
そう思い、どんな風にでも太って虚弱体質を改善したいけど、うまく太れず悩んでいる方が多いようです。

そんな方たちに、虚弱体質になる原因や対策法について紹介していきますので、同じ悩みをもつ方はぜひ参考にしてみてください。

虚弱体質の症状

虚弱体質の方に多く見られる症状についてまとめてみました。

・ガリガリに痩せている
・筋肉がない
・体脂肪が極端に少ない
・肌が白い
・基礎体温が低い
・食欲がない
・下痢を繰り返す
・すぐ疲れる…

以上は虚弱体質の方に非常に多く見られる症状ですが…
そもそもなぜ虚弱体質になってしまったのでしょうか?

虚弱体質になる原因

子供

虚弱体質の原因は様々ですが、中でも非常に多く見られる原因についていくつかまとめます。

あまり食べない

体質的に食べることにあまり興味がもてず、子供の頃から食べる量が少なかったり、どうしても食欲がわかなかったりする方は、栄養不足による虚弱体質になりやすいです。

食べる量が少ないと、体が必要とする最低限の栄養素も得られなくなり、細胞の活動や脳の動きにまで影響をもたらすため、場合によっては正常な日常生活が送れなくなるほどひどくなります。

子供の時は食べる量が少なくても動き回れますが、胃が小さくなったせいで大人になってもたくさん食べられず、大きな体を維持することができなくなり、だんだん細く・虚弱体質になってしますのです。

胃腸が弱い

胃腸が弱くなる原因は様々ですが、胃腸が弱い人は虚弱体質になりやすいと言われています。

よくテレビでも、胃腸が弱くなってガリガリになったり、入院したりする芸能人のニュースを見たことありますよね?

胃腸が弱いと摂取した食べ物の消化がうまくできず、下痢や吐き気などの症状を引きおこし、結果的に食欲不振に陥ります。

食欲がないと、上記と同じ栄養失調になりやすいため、体が徐々に細くなり体力も落ちてしまうので、ひどい場合は社会生活が正常に送れなくなる状態にまで発展します。

結果、入院して点滴だけで体に栄養を注入するため、命には別条ないけど体は十分な栄養素が得られてなくガリガリ状態になるのです。

基礎体温が低い

基礎体温がひくいと、体全体の新陳代謝が正常に行われなくなるため、エネルギーの消費も少なくなります。

正常な人は、
食べ物を摂取する

体温を上昇させる

新陳代謝を活発に上げる

エネルギーを消費して様々な生活活動を行う
と言う流れができます。

しかし、基礎体温が低いと、食べ物を体内に摂り込んでも体温上昇に失敗し、新陳代謝が活発にならず、エネルギーが消費されなくなるため、体内に毒素がたまりやすくなり免疫力も下がってしまいます。

そして、免疫力が下がることで、風邪やその他体の不調を引き起こしやすく、血液中の白血球が正常に機能しなくなって虚弱体質になってしまうのです。

自律神経失調症

自律神経失調症の方も、虚弱体質になりやすいと言われています。

・なんとなく体調が悪い
・体がだるく、疲れやすい
・理由がなくイライラする
・肩がこりやすくなる
・背中に痛みを感じる
・頭痛、めまい、貧血
・落ち込みやすく、憂鬱…

以上のように、自律神経失調症にははっきりした症状や定義がなく、特に原因もないのになんとなくこのような症状を感じる病気です。

そんな自律神経失調症の怖いところは、一旦自律神経失調症になると様々な原因不明の不調に悩まされるようになることです。

・便秘、又は下痢を繰り返す
・生理痛がひどかったり、生理不順になったりする
・食欲がなくなる
・冷え症になりやすい
・体重が落ちやすい
・自分の気持ちをコントロールしにくくなる
・常に周りの目を意識してしまう
・ストレスを感じやすくなる…

そんな中に、虚弱体質になりやすいという症状がありました。

自律神経失調症になると、周りの目を気にしすぎてストレスを感じやすく、自分の気持ちがうまくコントロールしにくくなります。

原因不明なのに体の調子がすぐれないという苦痛を耐えるうちに、食欲が落ちて食べられなくなり、胃腸炎や免疫力の低下などで徐々に虚弱体質になってしまうのです。

ちなみに、自律神経失調症になった方で、ひどい場合は月に7kgも体重が落ちたというケースもあります。

虚弱体質が太るために必要な対策

ウォーキング

体質によって虚弱体質になる原因は様々ですが、確実に太るためには自分の体に合った対策法を片っ端らから試すことが大事だと思います。

どんな対策法も必ず全員に合っているわけではなく、実際に試してみないと効果がでるか出ないか分からない部分もあるので、確実に健康的に太りたい方はぜひ一度試してみてほしいです!

食べる量、または、食事の回数を増やす

言葉では簡単ですが、虚弱体質の方には非常に難しいですよね…

しかし、食べる量が少ないと栄養不足になりやすいので、必ず食べていろんな栄養素をバランスよくすることで、体内細胞の活動も活発になり健康的に太ることができます。

・一度にたくさん食べられない場合は、食事の回数を増やす
・食べたくない場合は、果物やヨーグルトなど自分が好きな物を食べる

とにかく胃を大きくするのが目的なので、量や回数を増やして脳をだますことで、徐々にたくさん食べられるようにするのです。

軽い運動で筋肉を強くする

虚弱体質の人が筋肉を鍛える自体が難しい…
体が弱く体力がないため、運動や筋トレなどは一切しようとしない方も多いと思います。

しかし、その気持ちは理解できますが、体に何らかの刺激を与えないかぎり、一生太れなくなって歩くこともできず寿命が縮まる可能性もあるので、しっかり心を持って行動に移すことが大事です!

筋トレといっても最初から難しいことをするのではなく、家で簡単にできることから始めるのが大事です。

・ペットボトルを上げたり下げたりする
・タオルを脚や手にひっかけて筋肉を伸ばす
・イスに座って、立ちあがるのを繰り返す
・階段をゆっくり上る
・ウォーキングをする

などなど、まずはできる範囲で一番手軽なことから始めると、それを繰り返すことで徐々に筋肉が発達し、続けると勝手に体を動かしたくなるようになります。

体が動きたくなるくらい筋トレを続けたら、もう太るのはすぐです。
筋肉が必要とする栄養素を積極的に摂るようになるので、体にもしっかり栄養が届き、徐々に体も強くなるでしょう♪

ただし、無理なことを続けるのは逆効果になるので、気を付けましょう!

漢方薬で体温を上げる

虚弱体質で病院に受診すると、漢方薬が処方されることが多いです。

漢方薬で体温を上昇させることで体の代謝がアップし、それによって胃腸や免疫機能が高まり、健康的に太って体力も付くようになるので、徐々に虚弱体質を改善することができます。

消化に良いものを食べる

特に胃腸が悪くて太れない方におススメな対策法です。

太りたいために、無理にご飯や栄養の高いものを食べると、消化不良が悪化して逆効果になりやすいです。

まずは、消化しやすいうどんや白がゆなどを食べて胃腸の調子を安定させてから、少しずつ回数を増やして徐々に具を出していきます。

そうすることで、胃腸がゆっくり慣れ少しずつ食べる量も増やすことができるので、虚弱体質の改善に繋がります。

ちなみに、牛乳や大豆食品は消化もしやすく栄養価値も高いので、非常におススメです。

まとめ

虚弱体質の原因や対策法について簡単に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか~

人それぞれ、虚弱体質の原因が違うように、合う対策も絶対に違います。
大事なのは、自分が無理なく続けやすいやり方を選ぶことです!

そして、虚弱体質も1~2ヶ月でできたことではなく長年の生活で蓄積されてできたものなので、当然その改善にも時間がかかると思います。

対策を試したからといって、1ヶ月後・2ヵ月後にすぐに太れるとは限りません。
前向きな気持ちをもって、焦らずゆっくり実行していけばいつの間にか食欲も出てきて、体力もついてきて健康的な日常生活を楽しむことができるのであきらめず頑張りましょう(*’▽’)